HOME > News > 台風襲来時の太陽光発電所

台風襲来時の太陽光発電所

台風襲来時の太陽光発電所
今回、襲来中の台風8号は、かなりの勢力を持ったまま
日本列島を駆け抜けると思われます。
その際に、全国に散らばる太陽光発電所で、風水害により、破損する太陽光発電所が続出すると思われますので、注意喚起致します。

特に、注意すべき場所

  1. 太陽電池が全面に設置されている場所
  2. 太陽電池架台(骨組み)が細い太陽光発電所
  3. 見通しの良い場所にある太陽光発電所
  4. 風の強い場所にある太陽光発電所
  5. 窪地にある太陽光発電所
  6. 基礎部分が確りとしていない太陽光発電所(見た目)
  7. 太陽電池の並べてある長さが、長い太陽光発電所(1列30m以内)
  8. 水没のおそれや、水位の高い中から顔出ししている太陽光発電所
  9. 太陽光発電所の周囲を立ち木が囲んでいる場所

 (立ち木が高いほど危険)

とり急ぎ御知らせ致します。

所有者は、事故が発生しないように、施設の管理を確りと行ってください。    

浅川太陽光発電所 
所長浅川初男