HOME > お茶タイム > お茶たいむP-39

| 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 22 追伸 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27番外編 | 28 | 29 | 30 | 30番外編 | 30親子のたき火編 | 31 | 31番外編 | 31番外編P2 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 39-1 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 |

お茶たいむP-39

タイトル見返り美人
01.png

ふと、空を眺めていたならば    ?
           なんとなく 形が 変わって行く・・・
そうか 切手だ・・・・・・歳・ばれる ・・・見返り美人?
             それならば・・・・アヴェ・マリヤ? 
                    叱られるかな?
バックミュージックは、【リベラ 彼方の光】826 askaさんで


この写真を撮ってから
        八ヶ岳の天気は・・・・・・荒れること荒れること
天候が一向に 回復せず
           台風がたくさん 
        おかげで 農家さんが 大弱り  でも

山の中を さんぽ すると
02.png03.png
出合いました。   森の妖精の  腰かけ  
   パスタに 合うのは   どちら    ?
(間違えたら アウト です。)

八ヶ岳南麓にも紅葉の便り。

そんな高原に響く  ジャズサウンド〜 ♩ ♫ ♬ 〜
    ダンディーズ スイング オーケストラ

 結成から42年を経て、初めての単独ライブ コンサート ♬〜♩
04.png_05.png

開演前なのに、ほぼ満員。 八ヶ岳南麓のジャズファンと
八ヶ岳の住人 の 繋がりから 県内はもとより都内までの住人で 
開演とともに満席埋まりました。

後ろの ご婦人方の お話から 客層は、 生後四ヶ月から80代後半まで
幅広い 客層でしたよ。

お茶たいむ は、こちらの バンドリーダー (悪友歴30年?)
を存じ上げ、お世話になっております。
コンサートは、とっても とっても ステキな時間を演出してくれ
若き日々を 思い起こす物となったり  若人には 初めての体験?
06.png_07.png
休憩を含み 戻ると さらに ヒートアップ(客席が足りない!!)
08.png_09.png
ボーカルを入れ、とっても ステキな ひと時を過ごすことができました。
   また あると いいなぁ〜  皆が感じていたようです。
お茶たいむ は とってもステキな ディナー コンサートを
過ごした気分になれました。

40年を経て 八ヶ岳南麓に そだつ ジャズ
やはり、長い年月を かけ
根を張り 丈夫な 幹を育て 葉を茂らせ
この時に、一斉に開花 八ヶ岳の 「ジャズ」   ダンディーズ!!

ダンディーズ スイング オーケストラ コンサート2016 より。
秋の、八ヶ岳高原や谷を 染めて行く 紅葉前線
10.png_11.png
谷川の小径 ・・・・小道・・・・
12.png_13.png
数千年の時の流れを今に伝える
谷川の小径
14.png_15.png
この小道・・・・どうも・・・広い世界に向かう道かも
この渓谷小さいけれど
私たちの 先人の歴史を 次の世代に伝える小径

八ヶ岳南麓の歴史遺産 ・・・ けっして・・・ 遺跡にしては
いけない先人の小径・・・次の世代につなげ
羽ばたく小径であれ。
16.pngこの谷川
八ヶ岳南麓を
数千年にわたって
潤し

先人の
挑戦と希望
そして
作りつづけた


水の小径・・・・八ヶ岳南麓に・・・今再び・・・
先人の挑戦と希望・・・・光りがさし
みなを潤す・・・コア・・・輝け・・・次世代フロンティア!!!

ステキな先人の小径・・・・ ○・・・・ 辿りながら
「お茶たいむ」!!

初冬を迎え 仰ぎ見る 峰峰には 冠雪
今一度 先人の偉業を
「世界かんがい施設」に選定

水の小径 次世代へ つなげ 八ヶ岳南麓の水の小径