HOME > お茶タイム > お茶たいむP-39-1

| 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 22 追伸 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27番外編 | 28 | 29 | 30 | 30番外編 | 30親子のたき火編 | 31 | 31番外編 | 31番外編P2 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 39-1 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 |

お茶たいむP-39-1 「秋の水めぐりツアー」編

   お茶たいむP-39-1「秋の水めぐりのツアー」編
ツアー当日は、平日であったために
ゆったりと
広々空間を 一人占めの 秋の一日を楽しみました。

秋の紅葉まっただ中
湖面には冷気が 漂う  高原のダム

01.pngダムカード
ゲットです。

日本国内のダム管理事務所で
ダム見学者に
進呈されるそうです。


02.png今回の見学先は
塩川ダム
こちらのダムは
国内でも珍しく
2つの工法を用いて建設され
洪水調節・上水道・灌漑・発電
等の多目的ダムだそうです。
山梨県内には、いくつかあり、北杜市内には、こちらのダムのほかに
大門ダムがあります。
山梨県内のダムを全て回ると
ダムカードを収納できる
記念品らしき物もあるそうです。


塩川ダムでは、事務所内でダムの仕事や建設までの歴史や、建設時のエピーソードを伺いました。(座学)
室内には、展示物もあり、建設時の様子をおさめた写真もあり
勉強になりました。
03.png_04.png

つづいて、・・・・・ダム本体内部の見学です。

ダムの内部を歩いて見学できるのですが、問題発生。!!
階段利用で270段ほどの階段を歩いて降りるそうです。
05.png

どうしよう。歩く・諦める。・・・・・
☆事務所の方から提案・・・・・・高齢者が多いので。
   迷わず エレベーター利用を選択。

5分ほどで、全員、地下70mほどのダム本体内部のコンクリート
通路に集合。  ダム体内見学です。
06.png_07.png
灯りが無いと不気味なところです。

余談
地震の時は、ダムの上にある地上事務所よりも
ダムの内部通路の方が揺れない ことを 教わりました。

ダム内部の見学を終えて、外に出るのですが
これは急な 階段を 上がらねば
08.png_09.png

手すりもあり、段数も少なく 何とか無事に外へ
外の空気 おいしい〜。

皆で紅葉をダムの下から眺めながら
パチリ
10.png_11.png
つづいて、発電所見学。
12.png_13.png
今回の、目玉、バスに乗り 発電所を後に。

先ほど見学した塩川ダムから、つづく水の流れをたどり
バスを降りて、歩いて、歩いて、到着。
14.png_15.png
先人の、英知を知る 堰の取り入れ口に到着、対岸には発電所
16.png
ここが朝穂堰の取り入れ口
ここで、取り入れた水径が茅ヶ岳山麓(明野町)を潤して行きます。
更に延伸して韮崎市まで流れる水の小径。
(明野地区約12km韮崎保坂地区まで総延長約31km以上とも、言われている)
堰を利用した発電所も見学
(当日は、発電所の点検のため堰には水はありませんでした)
17.png_18.png
堰を利用した発電所見学の前に、皆で 腹ごしらえ。!!
19.png_20.png
揃うとこんな感じ
21.png皆さん、
おいしくいただきました。

今回の、旅の中で
唯一の、飲酒が、できたのは、帰りの運転手付きで
参加された
強者です。



ラストに、ワイナリーに寄り、皆さん買物をしましたが、唯一
美味しく、試飲なされておりました。

○水を利用した産業・・・農業

農業ハウス見学?・・・・植物工場見学でしょう。

こちらの商品、購入し、食したかも多いと思います。
チョコット お高い野菜です。
22.png中身は、無事、私のお腹の中に
納めました。

こちらの商品が
どのような環境で
育てられているかを
見学することができました。

とっても、ラッキーな見学でした。
育っているところを
見学できたのです。


23.png
ものすごく、生産管理がされていて、まるでSF世界。



通常見学は、事務所の2階でPowerPointでの説明で終わるようですが、今回は、植物工場の中まで見学できました。
まずは、事務所にお邪魔する訳ですが、

○ここで注意事項発生。

余分な物、植物の種子や、花粉、病原菌等を持ち込まないために
服装の点検と履物を履き替え、事務所内の学習室へ。

見学室では、こちらの植物工場の特徴や、システムについて
会長自らご説明をいただき、今回、特別に工場内の見学が許されました。  

 ※ここで、見学に向かう前に、着替えです。

ここで、布類が露出している物は持ち込み禁止となります。
半導体工場のあの白い服に着替えます。履物も履き替えます。
植物工場に入る前に、エアーシャワーを浴びて、消毒をして
無菌室に近い状態にします。
24.png_25.png

これらの措置は、こちらで生産されているトマトを病気や細菌から守るためには、どうしても必要なことであることを、植物工場内に
入ってから知ることになります。
植物工場の中は、全て管理されており、管理クオリティーの高さゆえ、安心して、食べられるトマトが生産されていることを知りました。
こちらの工場の従業員は、家庭での農作業従事は厳禁です。
家庭菜園であっても、花粉や、病原菌を植物工場の中に持ち込むと
瞬く間に、病気が発生してしい、安全なトマトが生産できなくなり、植物工場の生産が止まってしまいます。
こちらの写真。
26.png通りごとに、担当が決められており、どこかで、病気が発生すると、担当者が誰かがわかるようになっており、生産工程の責任の重要性が、従業員全員で守る必要があり、担当責任がある作業と、なっています。





[食の安全]一般農家とは違う視点を見学できました。

農産物の安全責任を、こちらの最先端の植物工場で、再確認することになりました。
工場の大きさはこちらになります。

29.png

縦横、約130m×148m×高さ7m、とっても、広い空間を閉鎖した管理空間を作り、一般に知られているビニールハウスとは違った、密封型の管理空間で、安全なトマトが育てられていました。
今回、ご説明していただいた会長の言葉から
「将来的には、完全無農薬で生産できたならば」と、言っておられました。
また、「将来は、植物農薬(ハーブ等)や生物農薬(天敵)も排除し」安全な物を作りたいと言っておられましたが、よく考えたならば、人間が一番、汚染していることがわかったとも言っておられました。

今回の見学では、先人の努力も、最先端の努力も、生きて行くための環境を整えるには、常に努力が必要と言うことでしょうか?

北杜市の魅力は、環境に対して努力する姿を、過去・現在、に渡って見ることができることかな?

30.png

雲海に沈む甲府盆地   浮かぶ富士

この時期・初冬の風物景色  

おしまい。